手塚治虫漫画の傑作エピソード集

手塚治虫オンデマンドマガジン 小松左京さん編


収録エピソード
  • レオ編「ジャングル大帝」より
  • 第1話 医者はどこだ!「ブラック・ジャック」より
  • 第1章 三百坂「陽だまりの樹」より

価格:1,404円(税込)
242ページ/B5判マガジンサイズ

買い物かごに入れる

私の「ジャングル大帝」は、手塚さんがあこがれていたディズニーアニメの影響をよく示す漫画でありながら、ディズニーを超えた作品として、私は高く評価している。

「陽だまりの樹」と「ブラック・ジャック」は、医者の息子でありながら漫画家になってしまった手塚さんの医者へのこだわりを表す作品で、漫画家で大成していたのに三十三歳の時、「タニシの精子」で医学博士号をとった手塚さんらしいと、私の好きな作品である。


小松左京
小松左京

1931年1月大阪生れ。京都大学イタリア文学卒。SF作家。

「日本沈没」(1973)は大ベストセラーになり映画、テレビ、漫画にもなり「沈没」ブームを巻き起こした。「復活の日」「さよならジュピター」「果しなき流れの果に」など、作品多数。